MESSAGE / VISION

社長メッセージ

医薬品業界の過渡期。今こそ「かかりつけ薬局」としての役割が重要。

1974(昭和49)年の医薬分業元年から4年後の1978(昭和53)年に、新生堂薬局は産声をあげました。それ以来、医薬分業の定着と共に、着実に店舗数を増やしながら、地域のお客さまと共に成長させていただきました。そうした中、医薬品業界は一つの過渡期を迎えています。
進む高齢化と増え続ける医療費。それに伴って変化する社会保障制度。そのような環境の変化の中、セルフメディケーションの重要性が増してきており、ヘルスケア産業に求められているものも変化してきているのです。
そこで注目されるのが、当社がこれまで強化してきた「かかりつけ薬局」としての役割。今後はさらに、研修体制の充実や資格取得をサポートすることで、お客さま一人ひとりの役に立ち、健康や美容について適切なアドバイスができる薬剤師、社員の育成に力を注がせていただきます。
また、ドラッグストアと調剤薬局との併設店を増やすとともに、新規店舗の出店と、関連会社の株式会社ライフネスが展開する健康体操教室や訪問看護ステーションによるヘルスケアネットワークの構築を進めていきます。さらに、それに伴うサービスの充実を実現し、地域の方々とのお付き合いをさらに深めながら、これからも“健康なくらしのお手伝い”をさせていただきます。時代がどれだけ移り変わっても、健康は誰しもの願いです。
新生堂薬局は、お客さま、ならびにお取引先さま、従業員に思いやりのある「健康なくらし」の良きパートナーとしての企業を創造して参ります。

代表取締役社長兼CEO 薬剤師水田雅幸

副社長メッセージ

2025年のビジョンは「地域一番のヘルスケアステーション」

健康にくらせる「街づくり」

新生堂薬局は、1978年福岡市南区大橋に調剤薬局第1号店を開局して以来、時代に合わせて変化を続けてきました。そして今、2025年に向けて掲げているビジョンが「地域一番のヘルスケアステーション」です。
「薬局として」「ドラッグストアとして」の役割にこだわらず、地域の方々の健康に関する全ての役割を担えるように、新たな業態の展開を考えています。それぞれのお店の店づくりというよりそれぞれのお店のネットワークによる「街づくり」の方が近いかもしれません。弊社に集う社員みんなで、私たちのお店が展開している地域の方々の「健康なくらし」のためにできるあらゆることを考え、カタチにし、地域の皆さんに「健康といえば新生堂さん」と言っていただけるような会社になっていきたいと思っています。

「健康なくらしのお手伝い」とは、
マイナスを0にすることではない

私たちの理念である「健康なくらしのお手伝い」とは、病気を治すことではありません。
健康とは「病気でないとか、弱っていないとかいうことではなく、肉体的にも、精神的にも、そして社会的にも、すべてが満たされた状態にあること」(※WHO 世界保健機構より)。 例えば、体調を気遣って食事に気をつけたいという方に、弊社の管理栄養士が食事をはじめ生活習慣の改善をご提案しています。例えば、筋力が衰えることにより寝たきりにならないように、地域の方々と健康体操をする施設が弊社にはあります。例えば、弊社のビューティスタッフは、いつもよりグッと明るく元気に見えるメイク術をお客様にお伝えしています。このように地域の人々の、「プラスの健康」のお手伝いをし、 薬の服用や地域の医療費を減らし、人々を幸せにしていきたい。そのためにできることはまだまだたくさんありますし、決まった仕事はないと思っています。

これから入社する人に期待すること

こういったビジョンや考え方に共感し、「こうしたい!」「こうします!」と能動的に考えて動く若い人材に大変期待をしています。知識や経験はあるに越したことはありませんが、それよりも、地域社会に対して強い想いを持ち、ビジョンに共感してくれることが一番です。1日8時間・40年間以上、つまり人生の半分以上仕事をしていくわけですから、私たちと同じ想いで仕事に向き合えた方が、人生楽しいに決まっています。
「地域一番のヘルスケアステーション」というビジョンのもと、やりたいことや意見をどんどん発信し実現していくと、もしかしたら社内から起業する人も出てくるかもしれません。私たちの街づくりは、そういう可能性を持っているのです。また、薬局の分野は、世の中のテクノロジーの変化に後れをとっていると感じています。現代のテクノロジーの変化を体験してきている若い皆さんには、私たちの街づくりのために新しいアイディアを提供してもらいたいと期待しています。

「私事」も大切にしています

私がいつもみんなに問いかけているのは、「プライベート、充実してる?」ということです。プライベートとはつまり、みんなの人生です。仕事の中だけでなく、プライベートでも「こんな生き方がしたい」「こんな生活がしたい」という希望があるからこそ、仕事も充実していくもの。ライフプランとキャリアプランを一緒に考えることで、みんなが幸せな人生を送れると私は考えています。私自身もみんなの前でしょっちゅうプライベートな話をしていますし、マラソンにチャレンジするなど充実した時間を過ごしています。給料をもらうだけの仕事ではなく、より良い人生を送る仕事をしてもらいたいので、「私事」を大切にしています。

可能性は無限大

弊社に入社したとしても、「地域一番のヘルスケアステーション」を軸に意見を持ち行動することで、役割は変わっていくかもしれません。また、多くのことがテクノロジーの進化により自動化する世の中で、それぞれの役割は変わっていくべきだとも思います。例えば、調剤薬局の中で薬を調剤し服薬指導することだけが薬剤師の仕事ではなく、より人と向き合い、会いに行くことも仕事になっていくのではないでしょうか。薬剤師に限らず、自分の意見を持って行動し、いつの時代にも求められる人でいることが、どの職種でも必要とされることだと思います。私たちはより視野を広く持ち、地域の皆さんの健康のためにできることに取り組みます。「地域一番のヘルスケアステーション」 を目指すことは、職種の枠にとらわれない、無限の可能性があると信じています。
私たちと共に、「街づくり」をしてくれる仲間が集ってくれることを楽しみにしています。

代表取締役副社長兼COO 薬剤師水田怜