薬剤師の役割

薬剤師

処方せん調剤、服薬指導などを業務とします。
調剤薬局、調剤薬局併設型ドラッグストアがありますが、将来的にはどちらの業態も経験し、幅広い知識と経験を身につけることで、将来求められる薬剤師を目指すことができます。

管理薬剤師

薬局の責任者として店舗運営や薬剤師、事務スタッフの管理をします。病院・医院への情報提供など医師とコミュニケーションを取る業務も加わり、薬のスペシャリストとしての力を発揮できる役割です。

スーパーバイザー・ブロック長

エリア単位で複数の店舗をマネジメントします。各店舗のマネジメントをする管理薬剤師をバックアップしたり、教育にあたることも大きな役割です。管理薬剤師にとって、スーパーバイザーやブロック長は非常に頼りになる存在です。
「何でも相談していい」という雰囲気づくりで、管理薬剤師の不安を取り除き、安心してチャレンジできる環境を創っています。

本部勤務

薬剤師として入社後ステップアップを経て、本部スタッフとして活躍する社員が多数在籍します。「店舗をもっと良くしたい」「よりタイムリーに商品情報を伝えたい」「お客さまの役に立てる方法を考えたい」そういう思いを形にできる部署で活躍できます。

店舗のスタイル

新生堂薬局には3つの業態があり、お客さま一人ひとりのために最適な服薬指導や健康・美容へのアドバイスを目指しています。

調剤薬局

福岡・熊本・鹿児島・長崎・沖縄、そして東京に66店舗展開しています。「地域一番のかかりつけ薬局」を目指し、大橋に調剤薬局第1号店を開店したのが昭和53年。約40年にわたって、地域の皆さまの健康に向き合ってきました。薬に関するご質問だけでなく、健康のお悩み・美容のお悩み・家事のお悩み・介護のお悩み、など様々なご相談にお応えしています。

ドラッグストア

福岡・熊本・長崎に50店舗展開しています。
健康で快適なくらしのお手伝いをしていくために、医薬品はもちろん、コスメニティ類、ベビー用品、ヘアケア商品、健康食品、介護用品などを充実させ、専門性と利便性を兼ね備えたドラッグストアを目指しています。

調剤薬局併設型ドラッグストア

各店舗のうち14店舗が、この「調剤薬局併設型ドラッグストア」。今後の店舗展開の主軸となる店舗形態です。「健康=病気ではない」ということではなく、肉体的にも精神的にも社会的にもすべてが満たされた状態と認識して、薬剤師の本当の役割としての「健康なくらしのお手伝い」ができる店舗づくりを行っています。

ぞくぞく展開中!ドラッグストア49店舗,調剤薬局70店舗,調剤薬局併設型ドラッグストア15店舗 ぞくぞく展開中!ドラッグストア49店舗,調剤薬局70店舗,調剤薬局併設型ドラッグストア15店舗