地域に密着した管理栄養士として
薬や栄養に精通した人に成長します

2019年入社 管理栄養士(総合職・販売職)

田村 奈々佳

新生堂薬局に入社を決めた理由

就職活動するまでは、食品メーカーや商社などに興味を持っていましたが、アルバイトでの接客の経験を活かしたいと、就活中はドラッグストアを中心に活動していました。新生堂薬局を一番最後に受けました。当時の管理栄養士の先輩方がとても親身になって相談に乗ってくれたことと、その雰囲気がとても心地よく、入社を決めました。

正しく聞いて、正しくおすすめできること

売り場でお話をした方が、私のおすすめした商品を購入してくださったときは、伝わってよかったという実感があり、やりがいを感じます。お客様の年齢もお悩みも様々なので、正確に聞き取ることが難しい場合もあります。しっかり伺うために時間を要することもありますが、正確にお話を伺って、お悩みを解決できる商品を見いだすことが大切だと考えています。

地域に密着した管理栄養士に

売り場にいると商品の種類が多いですし、「あのCMの洗剤はどこ?」というお客様もいらっしゃるので、新商品のCMをチェックすることも欠かせません。店舗では丁寧で質の高い接客を心がけていて、パートさん含め、みんなその意識が高いことを感じます。元気で明るく、親しみやすい方が多く、勉強になることばかりです。今後は管理栄養士としてイベントで活躍することはもちろん、地域の方の健康をいろいろな面からサポートできるように、登録販売者の資格を取得し、地域に密着した管理栄養士として、薬や栄養に精通する人になりたいと思い日々頑張っています。

私の「目配り 気配り 思いやり」

売り場にいて、困っている人はいないか、レジでお待たせしていないかなど、常に気を配るようにしています。

私の好きな「新生堂らしい人」

反省はするが、後悔はしないひと

私は挑戦せずに後悔をした経験があるので、挑戦できないことが一番もったいないと思っています。挑戦することで自信になることもあると思います。
これからチャレンジしたいのは、管理栄養士の栄養相談会イベントに積極的に臨んで、私のファンをつくっていくことです。

学生の皆さんへ

就職活動の期間は、世の中のいろんなことを知る期間です。社会に出ると知る機会がないこともたくさんあります。どうせやるなら、楽しんでほしいです!管理栄養士の勉強をしている方であれば、学校や病院だけではなく、ドラッグストアや食品メーカーにも目を向けてもらいたいと思います。私は就活中に病院に行ってみましたが、病気の方への食事を考える仕事は自分の描く管理栄養士像とは少し違うと感じました。就職活動を通じて気がつくことも多いと思いますので、興味や可能性を広げて考えてみてください。

1日の流れ1日の流れ

8:30

出勤、開店準備

身支度が整い次第、清掃と商品の陳列を行います。早朝スタッフの方がやってくれることがほとんどですが、その引き継ぎをして行っています。その後スタッフ全員で朝礼を行い、連絡事項を確認します。

9:00

商品陳列・開店・接客

開店後も引き続き商品の陳列を行います。お客さまがいらっしゃれば、レジや売り場での対応も行うので、周りをよく見ながら陳列を進めることを心がけています。測定器を使われている方は、健康を気にかけていらっしゃる方も多いので、お話を伺うようにしています。

12:00

ランチ

休憩室で一休み。お弁当を持ってきて食べることが多いです。調剤薬局併設店のため調剤薬局側の従業員とも同じ休憩室なので、お話をしながらにぎやかなお昼休憩を過ごしています。

13:00

接客・商品の補充・発注作業

午後になると商品が空いてくる棚もあるので、補充や発注作業を行います。自分が担当する棚があり、その棚の配置や商品の発注を任されています。先輩にアドバイスをもらいながら、商品をどのような順番でどのくらいの幅で並べるかなど、お客さまに手にとってもらえるような売り場作りをしています。
17:00頃にはお客さまが増えるので、レジや売り場での接客をメインに行います。

18:00

業務終了&退社

事務作業などを終えて業務終了。終業後は、資格取得のための時間をつくったり、同期や店舗の仲間と食事をしたりすることもあります。