地域の皆さまが病気になる前に
薬局がサポートできること

2018年入社 管理栄養士 兼 医療事務

田中 聖月

新生堂薬局に入社を決めた理由

学生時代の病院実習を通じて「病気になって入院してからではなく、病気になる前にサポートできないか」という思いが強くなり、薬局・ドラッグストアへの就職を考えていました。医療事務での就職で調べていたところ、管理栄養士としても勤務できる当社を発見。ドラッグストアが併設されているため、色々な状況の方に接することができそうだと思い志望しました。何よりアットホームでいい先輩ばかりだったので、入社を決めました。

フォローしていただいた分、
返していきたい

入社当初、栄養については勉強してきたものの、医療事務としての業務は初めてのことが多く、先輩方にたくさんフォローしていただきました。 特に保険については知らないことが多かったので、一つずつ教わってきました。1年目は教わることだらけですが、丁寧に育てていただいた分成長できていると思いますし、後輩ができたときは、私もそうしたいと思っています。

病気になる前にできること

薬局が地域の皆さまの健康づくりのためにできることの一つが、未病対策。そのためにも当社では、管理栄養士の活躍の場を増やしていっています。例えば、高血圧の患者さまがいらっしゃれば、薬をお渡しした後、食事の改善についてもアドバイスできるように、そのまま管理栄養士である私のところに案内してもらう、という流れを薬局全体でつくるようにしています。当店のチームワークと仲の良さがあるからできることだとも感じています。

私の「目配り 気配り 思いやり」

最初に勤務した店舗は、調剤薬局ながらパンやお菓子などを多く取り扱っており、お薬の受取以外でも、食料品を買いに店舗にいらっしゃる方が多くいるところでした。「○○はない?」とよく声がかかるので、何かを探している方、困っている方にはこちらからお声掛けをするようにしていました。今でも調剤薬局付近で困っている方を見つけるとすぐに声をおかけするように心がけています。

私の好きな「新生堂らしい人」

反省はするが、後悔はしないひと

1年目は失敗だらけ、反省だらけの日々です。しかし、この言葉の通り、後悔しないように、やらないよりはやる、ということを心がけています。店舗対抗陳列コンクールに出場したとき、1年目ながら「こうした方が良い!」と思うことをどんどん提案して積極的に取り組んだところ、なんと優勝!何事にも本気で後悔のないように取り組む大切さを学びました。

学生の皆さんへ

栄養士といっても非常に多くの分野があるので、実は知らないことがたくさんあると思います。私の周りでも「病院で勤務したい」とずっと言っていた友人が、結局保育園に勤めているという例もあります。視野を少し広げてみると、まだまだ可能性がある!というのが栄養士の面白いところかもしれません。就職先を絞り込む前に、視野を広げる経験をし、栄養士に求められることを本質的に知り、自分に合った仕事を見つけてもらいたいです。

1日の流れ1日の流れ

8:30

出社

待合室や調剤室、休憩室、トイレ、店舗周辺の清掃など、開局のための準備を行います。

9:00

開局&医療事務業務

午前中、特に処方箋をお持ちのお客さまが多い時間帯は、医療事務としてお客さまの対応をしています。広域の処方箋も多く受け付けているので、FAXでの連絡にも対応しながら、薬剤師と協力して業務を行っています。

12:20

ランチタイム

交代で休憩を取ります。休憩室でお弁当を食べることが多いのですが、スタッフの食事内容が気になってしまいます…勝手にアドバイスすることも。

14:00

栄養相談業務

個別の栄養相談は予約制にしています。食事、運動、生活習慣を定期的に確認しながら「健康な姿」「なりたい姿」に近づくアドバイスをしています。相談後はカルテを記入し、より詳しい改善案や次回お渡しする資料の作成を行っています。

16:00

店内陳列やポップの作成

店内のポップの作成は医療事務の仕事。商品を知っていただけるように日々改善を重ねています。店内商品は食べ物・飲み物を扱うことも。健康に良く年配の方にも食べていただけるようなお菓子などを、調べて発注しています。

18:00

業務終了&退社

順次業務が終了。ドラッグストアスタッフや他店舗の管理栄養士と情報交換をしたり、新しい企画を考えたりすることもあります。