かかりつけ薬局の薬剤師として
正しい知識と柔軟さを

2015年入社 薬剤師
福岡大学出身

金縄 有智

新生堂薬局に入社を決めた理由

学生時代の実習で、地元の調剤薬局である柳川店でお世話になったことがきっかけです。当時、先輩方の雰囲気がよく、働きやすかったことが印象的でした。入社後、柳川店勤務の希望をかなえていただき、地元の薬局で地域の方々と向き合う毎日を送っています。現在も当店は大変雰囲気がよく、先輩になった今では、後輩や仲間が働きやすいような動きを心掛けています。

顔なじみの患者さまからの
「ありがとう」がやりがい

当店は地元の年配の方が多くいらっしゃるので、顔なじみになることが度々あります。「今日は体調良さそうだな」「お薬が変わったな」「ちょっと機嫌が良くないな」などの気付きがあり、お声掛けする言葉も毎日変わってきます。お一人お一人と向き合い、小さくて些細なことでもお声掛けすることで、アットホームで温かい雰囲気が患者さまに伝わって安心していただけるといいなと思っています。「おかげさまで良くなったよ」とわざわざお電話をいただいたことがあり、この仕事のやりがいを感じました。

「かかりつけ薬局の薬剤師」
として必要なこと

当店の周りには総合病院と精神科があります。何科の門前薬局なのかということは業務を通じて取得する知識に大きく影響しますが、当店はほとんどの診療科に対応しているため、まんべんなく知識を得ることができます。時々近くの店舗や熊本にヘルプに行くことがありますが、偏りない知識で仕事ができるので助かっています。これから、かかりつけ薬局の薬剤師として、正しい知識を持つことは重要だと感じているので、今の環境には非常に感謝しています。薬、法律など色々な変化が多い業界なので、その変化に柔軟であることも重要だと感じています。

私の「目配り 気配り 思いやり」

患者さまの年齢や状態はそれぞれなので、立つのが辛そうな方にはこちらから近づいてお話するようにしています。スタッフに対しては、周りをよく見て足りないところをフォローできるように心がけ、全体がスムーズに動くように自分の役割を見つけるようにしています。

私の好きな「新生堂らしい人」

自分を大切にするが、
仲間はもっと大切にするひと

実習の頃から今まで、業務的にも精神的にも先輩たちにお世話になった経験があります。後輩たちに対して、私もそうしたいと思っています。仲間のことを思い、フォローし合いながら仕事に取り組んでいきたいと思います。

学生の皆さんへ

「どんな薬剤師になりたいか」にもよると思いますが、私は、「この人になら心を開いて話せる」と思っていただけるコミュニケーションがとれるようになりたいと思っています。そのうえで、学生時代にやってたらよかった…と思うのは、人と関わるような活動やアルバイトです。知識不足や不慣れなこともありましたが、元々ちょっとあがり症なところもあり、入社当初は患者さまとのコミュニケーションに一苦労しました。薬剤師の仕事の半分は患者さまとの対話です。コミュニケーションに苦手を感じている方がいれば、少し対策を始めるのもいいかもしれません。

1日の流れ1日の流れ

8:30

出社

待合室や調剤室、休憩室の清掃など開局のための準備を行います。

8:30

開局&調剤業務

近隣には総合病院があり、午前中は門前の患者さまが集中します。正確さとスピードを求められながらも、一人ひとりと向かい合うことを意識しています。

13:00

ランチタイム

交代で休憩を取ります。店舗内の休憩室で各自お弁当などを食べてほっと一息。午後からの業務に備えます。

14:00

調剤業務

比較的落ち着いている午後の時間帯は、広域の処方箋が多く、いろんな病院の処方箋を見ることができます。

16:00

薬歴入力&連絡事項

ピーク時は調剤&投薬に追われてしまうため、落ち着いてきたこのくらいの時間帯から薬歴を入力し、連絡事項やメールのチェックなども行います。

17:30

業務終了&退社

順次業務が終了。終業後は同期と会ったり、勉強会などに参加したりしています。